So-net無料ブログ作成

無線ルータにリフレクタを [プログラム]

前回、「無線ネットワーク不調」のため無線ルータを入れ替えましたが、まだときどき数分間だんまりになってしまう状況でした。

ひょっとして混線?
WiFi ExplorerやinSSIDerとは言わないまでも、何らかの調べるツールが必要だなーと思いました。
無線ルータにその機能はなかったので、昔、買っておいたWiFiのUSBアダプタを引っ張りだしてきました。Ralinkのチップが載っているものですが、これはファームウェアをダウンロードしなくてはならず、以前はlinuxで動かすのに割と手間がかかっていたものです。が、現在のlinuxでは、ファームウェアダウンロードの仕組みが統一的に組み込まれて、non-freeで必要なパッケージをapt-getすれば普通に使えてしまうようになりました。こういう正しい進化は実に望ましい進化ですね。

で、そのWiFiアダプタを使って、WiFi関連のコマンドを調べていると、「ふむ、これは自分で書けそうだ」という気になったので、perlで書いてみました。よくあるGUIでなく、「テキスト画面にグラフを出す」方向で。コンソール上でも使えるので、却って便利かも? (負け惜しみ:-)。

結局のところ、
  iw wlan0 scan
の出力を加工するだけなので、SSIDを出さないステルスAPでの通信は表示されません。ま、いいか。

いくつかのポイントがありました。

  • rfkill unblock 0 などで、ハードやソフトでの使用禁止を解除しなければならない場合がある
    私の使っている別のノート内蔵のWiFiモジュールだと、iwconfig wlan0 txpower offが、rfkill block 0と同様な動作のようでした。
    いつもtxpower offしていたので、これが必要でした。
  • ifconfig wlan0 up したときに、ファームウェアがダウンロードされて、WiFiアダプタが動き出す
    ファームウェアがダウンロードされるまでは、WiFiアダプタは実質的には動作しません。
  • WPA2はRSNと表示されている
    iw wlan0 scanの出力の中に、WPAという表記はあるのに、WPA2という表記がありませんでした。
    代わりにRSNというのがあって、ググってみると、こいつがWPA2のことでした。
  • 同じチャンネルに複数のSSIDがある
    同一のAPから出力されているものだけでなく、別のAPから同一チャンネルで出力されているようです。
    おそらく、その2つ(以上)のAPが離れているために混線していないのでしょう。
  • cursesでなく、tputを使った
    画面を消さずに左上にカーソルを移動するだけですが。tputなんてコマンドがあったんだー。
で、こんな感じの出力が。
Sun Aug 30 00:54:59 JST 2015
Ch: . 8 . 7 . 6 . 5 . 4:SSID;name/E,+APs
 1:+                   :l******user/2,game/E                                    
 2:                                                                             
 3:                                                                             
 4:+++8+++7+           :aterm-******-g;WR8750N/2,-gw/E                          
 5:+                   :auhome_******/2,-W/E                                    
 6:                                                                            
 7:                                                                            
 8:                                                                             
 9:                                                                            
10:                                                                            
11:+++8                :aterm-******-g;WR9500N/2,-gw/E                          
12:                                                                            
13:                                                                            
別に混んでないなー。別のところ(窓際)だと、ほぼ全チャンネルが使用状態だったりしたのですが...
私が使っているのは8チャンネルですが、ここは使われていないようにみえます。

となると、おそらく私と同じようにステルスAPで通信している人がいるのかもしれません。
あるいは、ステルスAPなので、空きチャンネルと思って通信を開始する機器があるのかもしれません。
後者だとすると、SSIDをブロードキャストするようにしてやればよいのですが、それは思案のしどころ。

チャンネルを変えるのもひとつの手ですが... 11a/11acへ移るのも考えましたが、まだ機器が高い。
有線部分の無線置き換えのための無線機器を、最近はイーサネットコンバータと呼ぶらしいです。知らんかったー。

で、リフレクタのページを見つけました。早い話、中華鍋をAPの後ろに置く、というもの。パラボラですな。
円弧のもの、放物線状のもの、鍋など、いろいろとありましたが、まぁ簡単に自作できるもので試してみたとこです。
http://www.freeantennas.com/projects/template2/index.html
これは、ロッドアンテナにぴったりのもので、200円無線ルータにはちょっと合わないのですが、紙なので、ちょっと細工して取り付けました。
で、結果は... 少しマシになったような「気がします」。


もし、これが効果ないのなら、導波管を考えています。
2.4GHzは波長が12.5cmくらいなので、やや大きくなってしまいますが、ダンボールとアルミホイルで作れるでしょう。
通信距離は、直線でコンクリートの壁を挟んで1mくらい。なので、リフレクタよりも導波管のほうがきっとよいでしょう。
他所への漏れ電波も減りますし、逆に入ってくるの(混信)も減るはずですから。

共通テーマ:パソコン・インターネット