So-net無料ブログ作成
検索選択

iMX6のAndroidの電卓アプリにとんでもなく驚かされた [プログラム]

Freescaleのi.MX6の評価ボードをちょっと触ることができたのですが、その付属のデモとしてAndroidが動くようになっていました。
そこに電卓アプリがあったので起動してみると、…

まず驚いたのが、
sin(正弦)、 cos(余弦)、 tan(正接)、 ^(べき乗)、 !(階乗)、 √(平方根)、
定数として e(自然対数の底) と π(円周率)
のボタンがあったのです。これ、理数系用の計算機?

で、いくつか試してみました。
sin(π)、 √2、 10!
などを。
で、次に驚いたのが、度数法でなく、弧度法(ラジアン)でした。これ、理数系用の計算機!
ただ、桁数は多くなく、むしろ、少ない感じでした。こりゃfloat演算かなと思いましたが、まぁ、電卓としては普通です。

そして、私が一番驚いたのが、
e^(π×√-1)
の答えが「ちゃんと」出ることでした。おぉ、オイラーの公式、This is our jewelを知ってるのか、こいつはっ!!!
これには、本当に驚かされました。これ、理数系用の計算機!!!を越えてるのでは?

え?、ということは、この電卓、複素数計算ができるのでしょうか? 試してみましょう。
e^(π÷3×√-1)
… エラーでした。手元にあるソーラー電卓なら複素数計算ができるんですが、さすがにそこまではできないか…。


冷静になって考えると、ひょっとすると、この電卓の作者としては、イースター・エッグとして仕込んで置いたものなのかもしれませんね。
でも、センスあるなぁ。さすがFreescale。Coolです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。